人気ブログランキング |

岩見沢豪雪雑感

岩見沢は観測史上最高の最深積雪量を記録した。
除雪、排雪が間に合わず、国道や市道が不通となり、公共機関に多大な影響や学校の臨時休校が発生し、雪の重みで建物が倒壊したり、雪の下敷きになり尊い命を奪ったりと、長期にわたって深刻な影響を与えた。

岩見沢は北西方向に石狩湾を抱え、北は暑寒別連峰にブロックされ、シベリアからの季節風の通り道になっていて、豪雪地帯といわれている。本来、研ぎ澄まされていたはずの豪雪に対する備え心構えはもろくも打ち砕かれ、極めて深刻な事態を招いたような気がする。

岩見沢に住んで26年、その長いスパンで緩やかではあるが暖冬傾向が体感できる状況だった。
豪雪と共にあった岩見沢だが、除雪の回数や労力が徐々に少なくなる過程で、町内会の自主排雪費用の自己負担が半額となり、極寒の身が引き締まる空気感や緊張感といった感覚が徐々に無くなり、荒々しく情け容赦なく恐ろし顔に変貌する厳冬期の自然に対応する方法を忘れ、平和呆けを起こしていたのだ。
四季激しく移ろう季節も毎年同じでないことをまざまざと見せつけられた2012年の幕開けだった。

私は四季のハッキリした岩見沢が大好きだ。
それは長い冬が終わり新緑を迎える清々しさやエアコンが不要な爽やかな夏や大地が育む農産物の美味しさや冬の厳しさの中に一瞬の輝きを見せる雪と空のコントラストなどが季節に彩りを与え感動を呼ぶからだろう。

岩見沢豪雪2012で
自然は我々に「凜として何かを問いかけてきた
我々もこの問いかけに「凜として答えなければならない

今回の豪雪でライフライン確保のため、屋根の雪下ろしや採光のための窓の掘り起こしや壁付煙突の掘り起こしなど、生身の人間の力でしか頼りにならない部位を毎日除雪することを強いられた。豪雪の最中に風邪や腰痛で寝込んでしまった時のことを考えるとゾーとする。外注する方法もあるが需要が供給を上回るため、タイムリーな対応が期待できない。加えて、外注業者も除雪や排雪で新たな瑕疵を負うリスクを避ける傾向があるようだ。お金や妥協で生活が成立しない自然と生身の人間がせめぎあう寒さの厳しい地域なのだと痛感する。
とどのつまりは、自然と上手に付き合うための「強靱な体力」や利雪する「知恵」が必要だと思った。

立春が過ぎ、太陽の光が徐々に力強くなってきた。
待望の春がもうそこまで来ている。
by gwxwy002 | 2012-02-15 20:19 | 四季

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002