斜里岳◆登行前夜祭”オホーツクの夕焼けに歓喜”◆天然プラネタリウム

2013年7月13日(土)、今日はこぶし山岳会メンバー16名と斜里岳登行のため、宿泊拠点となる清岳莊へ7時間のバスによる移動日です。メンバーはいつものように「飲んで」「食べて」「ワイワイガヤガヤ」をひたすら繰り返し、祭り騒ぎのような7時間を過ごし、北緯43度46分東経144度41分に位置する標高670mの清岳莊に到着しました。
2階のベランダからは荒々しく空に突き抜けるような巨大な針葉樹、北に目を転ずると眼下にパッチワークを思わせる広大な田園地帯、そしてその奥にオホーツク海が広がる素晴らしいロケーションです。
都会の雑踏(岩見沢ですが!)から抜けだしたこぶし山岳会のメンバーは一様にその美しさに息を呑み、日常のストレスを一挙吹っ飛ばしてくれるような素晴らしい展望です。ここは北の端っこ!北方圏を思わせる風景です。

<↓18:13>日没のクライマックスに向けカウントダウン!
a0248508_5372522.jpg

<↓18:49>オホーツクのあまりにも綺麗な夕焼けにメンバー歓喜!
a0248508_53966.jpg

<↓18:55>
a0248508_54113.jpg

<↓19:45>オホーツクの日没に大感動
a0248508_544834.jpg

ベランダからの眺めがとても良かったので私は清岳莊2階のベランダ(写真下)を寝床にすることにしたのですが、本当のクライマックスはここからだったのです!
a0248508_5465663.jpg

揺らぎの少ない強く輝やく満天の星に天の川が南北に広がり、ランダムに流れ星が尾を引き、飛び入りで人工衛星が一定のサイクルで通過するのです。清岳莊は私一人に”プラネタリウム舘”をオープンさせ一夜限りの天体ショーをしてくれているようでした。
残念ながら星空撮影に失敗し写真がありません。残念・・・!

天体ショーも終演を迎え、14日3時24分を告げる朝焼けです。
a0248508_71457.jpg

by gwxwy002 | 2013-07-16 03:45 | 登山 | Comments(0)

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002