人気ブログランキング |

Good-bye降圧剤◆正夢!ショートケーキで祝◆2013.7.25

2013年7月25日(木)、久しぶりに雨となった岩見沢、家庭菜園の枯れかかった野菜も息を吹き返したようです。今日は2ヶ月振りの高血圧症の検診日です。今回は血圧も下げ止まり安定した数値を叩き出しているので、目標としていたGood-bye降圧剤となるかもしれないと密かな期待を胸に血圧手帳と血圧推移グラフ(下のデータ)を持参しての検診です。
前々回(2013年3月25日)の検診で血圧が顕著に下がったので、降圧剤を5㍉/日を2.5㍉/日に減薬、前回(2013年5月23日)の診断では思ったより血圧が下がらない(むしろ悪化)ことから処方はそのまま継続となり、今回で三度目のGood-bye降圧剤への挑戦となります。
<血圧推移(2012.4~2013.7)>
a0248508_15264886.jpg

高血圧症から「おさらば」するための取組にみを始めて1年数ヶ月が経過、運動療法(ジョギング、登山、スキー等)に始まり、食事療法(カロリー制限、糖質制限、脂肪制限)を加え、主治医と相談しながら考え得る要素をつぶしチャレンジするものの、血圧変動をコントロールする因子を特定することが出来ず1年が経過してしまったのです。そんな中、保健師さんから原点に返り①塩分摂取量②ジョグ後の水分補給の2つの実態を調査するようにとのアドバイスを受け調べてみて驚いてしまいました。
①3日間の塩分摂取量を詳細に調べてみると、11~14g/日となっている。(高血圧症には多すぎる)
②ジョグ後の水分補給がかなり不足している。(暑くない時は殆ど水分摂取してない)
以上のことから2013年5月25日から
①塩分摂取量を6~7g/日に制限する。(塩分量を厳格に量る)
②ジョグ後の水分補給量を定量化(ジョグ前体重-ジョグ後体重=水分補給量)する。
その結果は顕著で、上グラフの2013年6月上旬から平均値が150から140へと下がり、かなり変動していた数値も安定するようになりました。
私の場合はこの二つの要素が高血圧と血圧変動に大きな関わりがあったのです。1年数ヶ月でやっと辿り着いた結論です。
<主治医との会話>
主治医: グラフでは良い方向ですね。しっかり自己管理しているのが良いですね。
主治医: それでは血圧を測りましょう。・・・・結果は上132 下85!標準血圧ですね。
主治医はしばらく考えた後、一言!
主治医: 降圧剤を止めて血圧の変化を確認できる血圧になりましたね。
主治医: 一旦降圧剤の処方を止めてみましょう。
主治医: 但し、これまで積み上げてきた運動は継続し、体組成も現状を維持すること。
との一言!この日を待っていました。
※血圧コントロールの要素は塩分と水分補給の二つだけでなく、高脂血症系の数値等、様々な要素が複雑に関わりあうもののようです。私の体組成数値の推移は
<体組成データ推移>
a0248508_1217647.jpg

体組成数値も異常値は無く、かなり改善の方向にあるようです。
”内服薬処方忘れBOX”に頼っていた生活も今日でおさらばです。内服薬から解放された生活の復活です。病院からの帰り、ショートケーキを2つ買い、伴侶と細やかな全快祝いをしました。後戻りしないよう決意を新たにしました。
by gwxwy002 | 2013-07-25 20:17 | 健康

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002