風不死岳1102m◆2013.9.23

風不死岳登山前日の9月22日(日)、こぶし山岳会メンバー5名と共に”北海道トレイルランニング2013 inルスツ”のコース誘導のためルスツリゾートに来ています。ここはMt.イゾラ南東の竹山中腹の標高695m(Tポイント)、時刻は17時50分、コース閉鎖まで30分に迫ったものの、来るかもしれないアスリートをひたすら待ち続けている。周りには勿論誰も居ない。闇が広がり静寂が全てを支配する中、持参のLEDヘッドライトを点灯し、一定間隔で吹くクマ除けのホイッスルの音が闇に吸い込まれ急に心細くなる・・・!
やがて貫気別山(Mt.イゾラ)方面から砂利道を走行する車の微かな音が聞こえ、音がだんだん大きくなる。車に乗る清ちゃんを見てホッとした・・・!
強烈なアップダウンに果敢にチャレンジするトレランアスリートに感動し、その直向きな姿勢に勇気をもらい、今はとても清々しい気持ちです。朝5時にスタートした長い長い70㎞トレランレースもゴールではクライマックスを迎えようとしている。その感動的なシーンを思い浮かべながら今撤収作業を淡々と行っています。
遠方に目を転ずると恵庭岳や風不死岳が夕焼けに染まり、その雄大な姿に歓喜する。明日23日はこぶし山岳会の風不死岳登山、秋晴れの支笏ブルーを期待させる素晴らしい天気なのです。明日の大展望に思いを馳せる私です。

<登山前日の風不死岳>ルスツリゾートMt.イゾラ南東竹山中腹より17時40分頃
a0248508_1452062.jpg

9月23日(月)、こぶし山岳会メンバー14名と共に風不死岳山行です。眼下には主役の”支笏湖ブルー”が広角で目に飛び込み、北西には恵庭岳、遠方に羊蹄山その左に尻別岳、北東には馬追丘陵、東側には苫小牧市街と遠方に日高山脈、南側には樽前山とその向こうに太平洋が広がり、西側にはホロホロ山等、360度の素晴らしい展望を期待していたのですが・・!
北尾根コース登山口は曇り、高度を上げる毎にガスが濃くなり、やがて雨交じりの荒れ模様の天気となり、期待した展望は全く無い山行になってしまいました。
考えてみると8月以降の山行は天気に恵まれることが無く、山の神に完全に嫌われているようです。

<風不死岳ピーク>1102m 晴れていると後方には尻別岳や羊蹄山が見えるのですが・・・・!
a0248508_13534874.jpg

<トラックログ>
a0248508_13412544.jpg

<北尾根コース登山口を8時スタート>
a0248508_1437157.jpg

<3合目>
a0248508_16491617.jpg

<4合目>
a0248508_14372958.jpg

<7合目>
a0248508_16522248.jpg

<ガスが濃くなる>
a0248508_14394243.jpg

<クサリ場>
a0248508_1442489.jpg

<地衣類など>
a0248508_15542531.jpg

<高山植物>
<オヤマリンドウ>
a0248508_9253519.jpg

<1>
a0248508_1557586.jpg

<2>
a0248508_1558625.jpg

<3>
a0248508_1365520.jpg

<4>
a0248508_15582719.jpg

<イワギキヨウ>
a0248508_16281878.jpg

<キノコ>
a0248508_22254213.jpg

a0248508_2225572.jpg

by gwxwy002 | 2013-09-24 14:10 | 登山 | Comments(0)

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002