人気ブログランキング |

幌向岳836m◆悔しい撤退!◆2014.4.5

最近の山行は天候に恵まれない。山スキーを計画した日の前日から南からの低気圧が台風並に発達し道東をかすめ、影響がMAXの時、決まって登山口に立っている。今日の山行も同じパターンになってしまった。
今日は岩見沢の最高峰で最東端の三笠と夕張の境界に位置する幌向岳836.3mを目指しました。
晴れていると東北東方面には芦別岳や夕張岳、北西方向には暑寒別連峰が一望できるはずなのですが、勿論、この天気では展望など期待できません。
万字登山口を7時にスタート、長い林道を進み高度を上げる。優に樹齢50年を超えるであろう見事な針葉樹が幅広の林道を覆い、暗く長いトンネルを想わせる。

この針葉樹は石炭産業が盛んだった頃、掘削で生じたトンネルの崩壊を防ぐための支え棒として潤沢な資金を背景に大規模植林されたものなのだろう。石炭産業が斜陽となった今、建築資材として付加価値が極めて高いものの、切り出されることも無く、時を重ねた結果なのです。
我々の住む空知地区は過疎化が進んだ地域と言われていますが、森林には付加価値の高いお宝が無尽蔵に眠っているように思うのです。近い将来、きっとその価値が見直され復活の日を迎えることを信じて止まない。

そんなことを想いながら・・・・・!

登山口から2時間半、針葉樹の長い長い林道を抜け、切り立った幌向岳の尾根にやっと取り付く。2カ所の急坂に苦戦し、植生の変わる疎林地帯に到着、一気に視界が開ける。
幌向岳トップまでは、なだらかな尾根を1時間弱なのですが、荒れた天候は変わらず風が強く、視界も無いことから、今回は737mにて撤退を決断する。11時20分無事万字登山口に下山しました。

<トラックログ(赤)>
a0248508_022913.jpg

<シラカンバのアーチと共に! はいポーズ>
a0248508_14463935.jpg

<見事に成長した針葉樹林帯>
a0248508_14471574.jpg

<樹氷が綺麗です!>
a0248508_14473622.jpg

by gwxwy002 | 2014-04-05 15:43 | 登山

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002