人気ブログランキング |

トムラウシ山2141m★憬れの山の頂きに立つ★2014.7.19-21

2014年7月19日から21日の3連休を利用し、大雪の奥座敷、憬れのトムラウシ山の登山です。
今回はトムラウシ温泉キャンプ場を拠点に前後泊し、体力と気力と登山時間をアタック日に集中させる日程を組みました。
トムラウシ山は2000mを越える標高に加え、山塊が巨大でアプローチが長く、ドロ道、雪渓、岩れき帯などバリエーションに豊み、体調と体力と装備を十分に整える必要があります。油断は禁物!周到に準備し、心して臨むことにしました。

5年前の2009年7月には
夏山の山岳遭難事故としては近年まれにみる8名の死亡遭難事故が発生しており、一旦荒れてしまうと陸の孤島と化し、エスケープが難しい巨大な山塊なのです。
<高度約1700mに広がる雲海をバックに>ピーク横の岩上に立つ。
a0248508_10272130.jpg


<トラックログ>
a0248508_1021525.jpg

<トラックログ3D>
a0248508_10221151.jpg

<アタック前日>2014年7月19日(土曜日)
岩見沢を12時に出発、道程はいつものように飲んで、食べて、語らって、アッという間に4時間が経過しトムラウシ温泉キャンプ指定地に到着、直ちにテントを設営する。今回は蚊帳付きタープの豪華な宴会場も併設した。
a0248508_10311228.jpg

各自持参した食糧で簡単な夕食を済ませ、オリエンテーションを行う。


1.標高差1200m、片道10km、往復10時間を要する。
2.明日は3時起床。
3.短縮登山口を4時出発。
4.暗くなることを想定しヘッドライト持参。
7.防寒着対策、食糧、水などの確認。


昨年は雨天でカムイ天上から悔しい撤退!中には4年越しの思いを募らせるメンバーもいて、いやが上にも期待が高まります。明日の天気予報は積乱雲の発生しやすい不安定な天気予報ですが、トムラウシの山の神が微笑んでくれることを祈って、20時30分床に就く!

<アタック当日>2014年7月20日(日曜日)
<短縮コース登山口>4時30分
a0248508_10321483.jpg

<針葉樹の原生林を登坂>ガスがかかりパットしない天気です。
a0248508_10325059.jpg

<カムイ天上>5時53分 経過時間1時間50分
a0248508_1033348.jpg

<泥道を進む>これより1時間30分ほど滑りやすい泥道が続き、テンションが下がる。
a0248508_10335644.jpg

<コマドリ沢分岐>7時29分
a0248508_1035280.jpg

<雪渓の登坂>泥道から解放され足取りも軽やか!
a0248508_1036382.jpg

<ガスが切れ青空が覗く>前トム平手前
a0248508_10391067.jpg

<雲海の上部に出る>標高1700m付近!
雲海の中から雲表(うんぴょう)に出る時の美しさは上昇する飛行機で誰でも経験していますが、自力で高度を上げ雲表に出る経験は登山の1つの醍醐味です。感激の瞬間なのです。
a0248508_1037366.jpg

<前トム平>8時30分 後方はトムラウシ山方面
a0248508_1038476.jpg

<ケルンへ向かって登坂>
a0248508_10424275.jpg

<イワブクロ>
a0248508_10444470.jpg

<眼下にトムラウシ公園>後方はピーク方面
a0248508_10453251.jpg

<トムラウシ公園入口>
a0248508_10463024.jpg

<エゾコザクラ群生>
a0248508_10465730.jpg

<チングルマ>
a0248508_10473153.jpg

<エゾノツガザクラ>
a0248508_10481596.jpg

<チングルマ>
a0248508_7194155.jpg

<最後の急峻な登り>
a0248508_1125199.jpg

<トムラウシ山ピーク>10時30分 出発から6時間を費やし、やっと頂きに立つ!
a0248508_15402482.jpg

a0248508_7222684.jpg

<トムラウシ公園の奇岩をバックに>
a0248508_10572533.jpg

<ケルンから振り返ると>下山開始から1時間後、トムラウシ山はガスに覆われ姿を隠す!
a0248508_7163316.jpg

<帰路の最後の急峻な登り返し>コマドリ沢分岐から新道へ!心が折れる!
a0248508_10575914.jpg

<ミヤママタタビのトンネル>登山口が近い
a0248508_7312737.jpg

<登山口に無事帰還>16時06分
a0248508_10583017.jpg

<温泉後の宴>拠点のキャンプ場で!”しゃぶしゃぶ”がとても美味い。
a0248508_10585512.jpg

<最終日>2014年7月21日朝! 大鍋を突きながらのインスタントラーメンが絶品です。
a0248508_10593365.jpg

<焼き豚、ちくわ、ウインナー、シナチクが加わるインスタントラーメンはとても美味い!!>
a0248508_1059581.jpg

アプローチが長く、見せ場の少ない単調な前半でしたが、雲海の上部に高度を上げた前トム平辺りから、我々を感動させてくれる絶景が待ち構えていました。それは筆舌に尽くし難い景観なのです。やはりここは”神々の遊ぶ庭(カムイミンタラ)”を実感させる神聖な場所のように思えました。

眼下に広がる雲海の切れ目から旭岳やニペソツ山が顔を出し、観る者全てが歓喜の雄叫びを上げる。
この素晴らしい景観を目に焼き付け、神々の遊ぶ庭に別れを告げ帰路に就く。
6時間を要した往路の疲労で、復路に5時間強を費やすことになってしまいました。互いにエール交換し、励まし合い、食べ物をシェアしながら何とか登山口に帰還することが出来ました。憬れのトムラウシでこの3日間を共に、食べ・飲み・語たり、登り・下った”山友”に感謝感謝です。

最後にこれだけは------
s.aさんから提供のブルーベリー(パワーを秘めた奇跡の果実で”一粒300m”のパワーを秘める?)は長く険しいトムラウシ山に7名を押し上げる原動力となったことを一言付け加えます。
改めて、ありがとうs.aさん!
a0248508_1104910.jpg

さて
今週7月26日は大雪高原温泉~緑岳~小泉岳~赤岳~銀泉台を巡る山行です。どんな出会いが待っているか楽しみです。
by gwxwy002 | 2014-07-22 11:00 | 登山

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002