人気ブログランキング |

白銀に戯れる★テレマークスキー講習&新雪実践-音江山★2015.1.17-18

2015年1月17日から2日間の冬山講習会Part1に参加してきました。今回の講習はなんとあの有名な上野英孝さんによるテレマークスキーレッスンです。貴重なレッスンの機会を企画して頂いた道岳連に感謝感謝です。

テレマークスキー愛好家が少ない中、全道から7名もの愛好家が集い一緒に滑ることの楽しさを味わうことができました。アドバイスの的確さと、解りやすくいコメントに、目からウロコの大変有意義な2日間でした。


2015年1月17日----テレマークスキー講習(講師:上野英孝さん)
<足と腕が同時に前に出る”難波歩き”のテレマーク動作練習>フムフム!
a0248508_183562.jpg

<外傾を意識した応用練習>外足側の腹斜筋を手で押さえ外傾を意識する
a0248508_1844672.jpg


忘備帳
①テレマークスキーは回転しすぎる傾向があるので左右切り替えを先行させない。
 現状:ストック→左右切替→クロスオーバー→次の内足へ荷重意識
 レッスン後:ストック→クロスオーバー→次の内足へ荷重意識→左右切替え②外向傾を意識
 (クロスオーバー後、フォールラインに向け身体を投げ出すことになり恐怖との戦いです。)
④内足主導(角付け意識)
⑤内足は引くのではなく外足を出すイメージ(外足を起点に内足を出す)
⑥アルペンは斜面垂直ポジション、テレマークは水平面に垂直ポジション(トの字トレーニング)
新雪滑降では
⑦水平ポジションを意識し、スキートップを浮かすイメージ
  (トップが沈むと板の甲に抵抗を受け転倒のキッカケとなる)
⑧ストック前のタイミングで十分な沈み込み→板のたわみを利用し飛び跳ねる→クロスオーバー→沈み込み
 (この手順を着実実行)


-------------------------------------------------------------------------------
2015年1月18日----新雪講習 音江山795.6m

山程
駐車ポイント出発 8:46
音江連山登山口 9:18
音江山ピーク 12:02
駐車ポイント着 13:07

音江山は800mに満たない低山なのですが、身の引き締まる寒さと厳しい風雪が創り出す高山に匹敵する風景です。針葉樹やダケカンバの木々全てが樹氷となり、それらが太陽に照らされ、下界では決して味わうことができない風景なのです。
この場所は高緯度(北緯43度43分)に位置し、極寒期の時期に、晴れた日にのみ味わえる貴重な景色です。

ピークで休息後、トレースの無い雪面にお先にシュプールです。いよいよ新雪のテレマークスキーの実践です。教わったことを実践するものの上手に滑ることはできません。山側から後ろ髪を引かれるように板の甲に雪重を感じてしまいバランスを崩すパターンが多発します。どうやら水平ポジションがとれていないかようで、結果スキートップが雪に沈み抵抗が増えバランスを崩すようです。何れにしろ体得するには時間が必要なようです。

<トラックログ>
a0248508_18371371.jpg

<音江連山登山口>温泉跡地
a0248508_18512337.jpg

<登坂開始>
a0248508_1851249.jpg

<とど松>樹氷の存在感に息を呑む
a0248508_1852681.jpg

<高度を上げる毎に輝きが増す>登坂の疲れを吹き飛ばしてくれる
a0248508_1852454.jpg

a0248508_18550100.jpg

a0248508_1861231.jpg

<音江山ピーク>
a0248508_1862921.jpg


スキーセンスの無い私は講習の成果を次の日に体現することは勿論できません。フカフカの雪に悪戦苦闘、写真を撮る余裕もなく、ヘトヘトです。
雪だるまのようになりながらも、雪に戯れ、楽しい時間をすことができました。
by gwxwy002 | 2015-01-21 18:10 | 登山

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002