人気ブログランキング |

スキー板のウロコ加工✮後戻りできない一発勝負✮2016.11.19

2016年11月19日(土)、立冬も遠くに過ぎ去り寒暖の激しい日々の無積雪の岩見沢です。来週からかなり強い寒気団が到来するようで天気予報では雪マークです。

今日は歩くスキー用の細板(BD St,Elias 80-60-70/184cm )のステップソールにウロコ加工のDIYです。昨年まではシール(BDグライドライト モヘアミックスキッカー50ミリ)を貼り付け滑り止めを施していたのですが、シールの劣化が進んだことと、シールの着脱が面倒なので、後戻り不可能なウロコ加工(滑走面を削る)にチャレンジしました。

<板のステップソール>昨年までの滑り止め(着脱式のシール)
a0248508_17222846.jpg

2シーズン使用で毛が抜け劣化してます。

<加工位置をマーキング>P50㎜、長さ65㎝
a0248508_1724664.jpg

<グラインダーでウロコ加工>後戻り不可能な過激な加工です。勿論ハンドフリー
a0248508_17251518.jpg

<ウロコ加工後>精度が悪いですがこんなものです。新品板なら絶対にしません(笑)
a0248508_1725485.jpg

a0248508_1726551.jpg

シールを使わず、後ろ向きは滑り止め、進行方向は少し滑るように斜めに彫り込むのですが、相反する要素を両立することができるのでしょうか?実際に滑った感触で調整する必要がありそうです。

<2016.11.17バラ園周辺の景色>寒々とした景色です
a0248508_17411951.jpg

<訪れる人も無く閑散とした木道>
a0248508_17414087.jpg

<バラ園も冬眠の時期です>
a0248508_17415721.jpg

by gwxwy002 | 2016-11-19 17:00 | 四季

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002