人気ブログランキング |

姿見駅~裾合平~当麻岳~安足間岳ピストン★2017.8.6

2017年8月6日(日)、のろのろして方向が定まらない台風5号の進路が気になりますが、良い天気が続く中、今日は旭岳姿見駅から当麻乗越経由安足間岳をピストンする登山に行ってきました。

ロープウエーから遠方に目をやると十勝連峰の山々が望める期待通りの晴天です。入山届に記帳後、裾合平に向け姿見駅をスタートした。人気の山なので混んでいると予想していたのですが何故か第二展望台を過ぎたころから一人旅となる。視界の利かないハイマツ帯を進むといきなり山道中央に熊ふんのお出迎えです。以後、持参のホイッスルを吹きながらの山行となる。裾合平の下りでも熊ふん、裾合平を過ぎた木道側にも新しい熊ふんを発見する。この界隈をテリトリーにして徘徊を繰り返しているようだ。単独山行の私はチョッと心細くなる。以後、当麻乗越までホイッスルを連発する。

当麻乗越を過ぎ当麻岳に向かう途中でやっと単独行の2人の青年とすれ違う。正直ホッとする。気持ちに余裕が出て散策の楽しさを味わう。眼下には沼の平、大小の奇岩が点在し周辺は高山植物が苔むすように観える。山道の両側はチングルマが広がり圧倒的な存在感、まるで日本庭園のようだ。なんと美しい稜線なのだろうか。ウラシマツツジやチングルマが小さくうねった稜線に群生している。きっと紅葉の時期が見事だろう。以後安足間岳直下までの2~3kmは日本庭園と花の楽園が続く。

安足間岳直下で今朝、熊親子と遭遇し威嚇された人とすれ違う。熊の濃い地域のようだ。出発して3時間30分で安足間岳のピークらしい場所に着く。展望は良くない。表示板には2200mと書かれているが国土地理院の地図は2194mなのだが?矢印だけが書かれた倒れた表示板が不思議だ。ここは本当に目指すピークなのだろうか。とりあえず周辺の山々を目に焼き付け下山を開始する。足元にチングルマワールドを堪能しながら当麻乗越分岐までに数名の方と出会った。見通しの利かない裾合平に向かう山道からは再び一人旅となる。当麻岳辺りで追い抜かれ女性から「大雪山の熊さんは優しいですよ!」の言葉を信じながらも、自然に早足になり、ホイッスルを連発する。僕はヘタレだ~~!と思った。

裾合平からは人の行き来が多くなり緊張の糸がプツン!と切れる。右足の裏がつった様になる。その後右膝が痛くなる。緊張のあまり持参の水やOS1を補給していないことに気付く。水分補給とストレッチの応急処置をする。出発して6時間30分、無事姿見駅に到着する。熊の恐怖と花の楽園を十分に堪能した登山でしたが、単独登山のリスクを思い知らされた登山でもありました。

a0248508_21103824.jpg

<↓トラックログ>
a0248508_20444556.jpg
姿見駅出発 7:00
裾合平   8:00
当麻乗越  8:45
当麻岳   不明(表示が見当たらない)
安足間岳  10:30
当麻乗越  12:08
裾合平   12:45
姿見駅   13:36

<↓旭岳ロープウエーより>遠方に十勝連峰の山々が見える
a0248508_21022297.jpg
<↓第二展望台?より>当麻岳、安足間岳はまだ遠い
a0248508_21030732.jpg
<↓姿見駅-裾合平中間地点>いきなり熊ふん=この後、見通しの悪いところでは持参のホイッスルを吹く!
a0248508_21033911.jpg
<↓ターゲットはまだ遠い>左:当麻岳 右:安足間岳
a0248508_21053681.jpg
<裾合平>ここから左方向に向かう
a0248508_11000223.jpg
<↓裾合平-当麻乗越中間地点>熊ふん=この周辺をテリトリーにしているのだろうか。
帰路この周辺で往路では無かった熊ふんを発見した。ザワ~~!
a0248508_07550077.jpg
<ピウケナイ沢渡渉>水量少なく濡れずに渡渉
a0248508_11003247.jpg
<↓当麻乗越>沼の平を望む
a0248508_07562391.jpg
<↓当麻乗越にて>旭岳を望む

a0248508_21060544.jpg
<↓当麻乗越より>沼の平を望む
a0248508_21070598.jpg
<↓変わった石発見>

a0248508_21075126.jpg
a0248508_10461640.jpg
<↓まるで日本庭園のようだ>
a0248508_21080700.jpg

a0248508_21083057.jpg
<↓来た道を振り返る>遠方に沼の平、手前は当麻乗越
a0248508_08143858.jpg

<↓安足間岳に向かう稜線が美しい>
a0248508_08165036.jpg
<エゾツツジ>
a0248508_21093098.jpg
<↓チングルマ群生>
a0248508_21100842.jpg
<↓山道の足元はチングルマ綿毛>花盛りの時期は美しい場所なのどろう。
a0248508_21103824.jpg
a0248508_08200579.jpg
<↓来た道を振り返る>当麻岳方面 ※見えてる範囲と当麻乗越までの稜線は高山植物の楽園!
a0248508_08225096.jpg

<↓安足間岳 表示は2200m>ここがピークなのか?倒れた指示板が不思議だ!
a0248508_21111140.jpg
<↓比布岳方面>荒々しい稜線が続く
a0248508_21115310.jpg
<↓左:比布岳、右:北鎮岳ガスで見えない>
a0248508_21121042.jpg
<↓旭岳方面ガスで見えない>
a0248508_21123007.jpg
<ウスユキトウヒレン>
a0248508_21125882.jpg
<↓チングルマワールド>
a0248508_21132080.jpg

a0248508_21133924.jpg
a0248508_21143371.jpg

a0248508_21150791.jpg

a0248508_21152467.jpg
<イワギキョウ>
a0248508_21154669.jpg

a0248508_21160606.jpg

a0248508_21163215.jpg
<帰路:来た道を振り返る>ここ辺りが当麻岳か?
a0248508_08254992.jpg
<イワブクロ>
a0248508_21164946.jpg

<日本庭園>苔むすような景観が見事だ
a0248508_21173767.jpg

a0248508_21175633.jpg
<ウラシマツツジ>真っ赤な紅葉が楽しみだ。
a0248508_17170955.jpg
<見えている稜線が高山植物の楽園>
a0248508_18013726.jpg



by gwxwy002 | 2017-08-06 19:51 | 登山

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002