人気ブログランキング |

ガーデニング★雪囲い始まる★2017.10.19-21

2017年10月19日(木)、初雪を知らせると言われる雪虫が舞い、晩秋の気配となった空知地区です。豪雪地帯ではこの時期になるとスタットレスタイヤの交換や庭の木々の雪囲いの季節となります。交換時期を迎えたスタットレスタイヤを更新し交換を待つだけとなった。

この一年で3株のツル薔薇はかなり大きくなりました。それに加え、シュラブ系薔薇5株を入手したことから、雪囲いに難儀することが予想されるので、早めに作業を始めることにしました。

昨シーズンはブッシュ系薔薇のもみ殻雪囲いが凍害皆無の結果だったので、ブッシュ系は全てもみ殻仕様にし、ネットのみの断熱だったツル薔薇はベーサルシュートの先端部分が凍害で切り戻してしまったので今年は水分の多いシュート先端部にもみ殻雪囲いで凍害対策をする予定です。

雪囲いの手順は
①葉むしり&落ち葉取り除き:黒点病、うどん粉病、害虫などを取り除く目的。
②殺菌剤散布:土壌や枝に付着した病原菌を来年に持ち越さないため。
③シュラブ系薔薇雪囲い
 ・添え木&枝縛り・PP袋被せ&縄縛り・もみ殻充填・肥料袋被せ&縄縛り&換気口確保
④つる薔薇雪囲い
 ・枝縛り・ネット被せ&縄縛り・すのこ固定・株元をもみ殻で覆う

2017年10月19日
<もみ殻入手>断熱資材として利用:この地域ではもみ殻は無尽蔵にある。
a0248508_15384501.jpg
<葉むしり前>レッド・レオナルド・ダビンチ:植え付け5月だが絶え間なく綺麗な花を咲かせてくれた。
a0248508_15500440.jpg
<葉むしり後>まだ成長を続けている
a0248508_15514629.jpg

<葉むしり前>レオナルド・ダビンチ:植え付け昨年5月。今年はうどん粉病が発生したが、元気モリモリだった。
a0248508_15544989.jpg

<葉むしり後>
a0248508_12150421.jpg
<センチメンタル>昨年5月植え付け、今年は元気が良く咲き続けてくれた。耐病性もあるようだ。
a0248508_15525829.jpg
<モーデンブラッシュ>今年6月植え付け。葉が色付く前に枝が赤く紅葉している:成長は遅いが、絶え間なく蕾を付け沢山咲いてくれた。
a0248508_12155681.jpg

<ジャックリーヌデュプレ>今年5月植え付け。絶え間なく蕾を付け、沢山咲いてくれた。香りの強い品種だ。
a0248508_15532996.jpg
<ファイルフェンブラウ>植えてから1年2カ月で2mを越える大きさになった。来年の芽が沢山あり楽しみだ。
ハーディネスゾーン4ですが寒さに弱いとの情報があるので枝先を束ねてもみ殻断熱する。
a0248508_15534488.jpg

<さはら´98>植え付け1年5か月が経過し2.5mを超える大きさなった。見事に沢山の花が咲いた。花に養分を吸われ後半は元気が無かった。
a0248508_15541273.jpg
2017年10月20日
<殺菌剤散布>サプロール乳剤、希釈倍率1000倍を5L。8株の株廻りと枝にタップリ散布する
a0248508_12170101.jpg
<添え木&縄縛り>
a0248508_12172091.jpg
<土嚢袋被せ&もみ殻投入>土嚢袋は通気通水性がある。
a0248508_12175442.jpg
<もみ殻は隙間無く投入>無数の空気層が優れた断熱材になる。時間がかかるのが難点だ。
a0248508_12181071.jpg
<円錐型に整形&縄縛り>
a0248508_12182621.jpg
a0248508_12342914.jpg
<肥料袋被せ&縄縛り>東側に通気口を付け、もみ殻が濡れないよう通気層を確保する
a0248508_12184093.jpg
a0248508_10520379.jpg
a0248508_10521441.jpg

by gwxwy002 | 2017-10-20 12:25 | ガーデニング

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002