人気ブログランキング |

大千軒岳1072m✮長く険しい大千軒に体力の限界を感じる✮2018.6.24

2018年6月24日(日)、空知地区から遠く離れた渡島半島最西部、松前町と上ノ国町との境にある大千軒岳1072mに登ってきました。車の移動に6時間程度必要なことから前泊、後泊を伴うハードな山行きとなります。福島町の大千軒岳登山者休憩所(宿泊無料、トイレ、水道完備)の施設に前泊し、登山日の朝3時に起床、奥二股登山口に移動、4時45分より登山開始する。

登山口は暑からず寒からず曇天無風の絶好の登山日和です。斜めった木橋を渡った直後より知内川右岸の傾斜のきつい高巻きを繰り返し広い川原に出る。傾斜のある凹凸の連続で体力を奪われるが高度を殆ど稼げない。雨が降り始め雨具を着用し水嵩のある渡渉を繰り返す。緊張の連続で金山番所跡にやっと到着する。思わずシンボルクロスに向い山行きの安全祈願をする。

休憩後、知内川を左に見ながら高度を稼ぐ。傾斜が徐々にきつくなり「休み台」、「ガンバル岩」、固い雪渓を経てやっと千軒平に出る。シンボルクロスの尾根は強風とガスで展望は無い。晴れていれば、なだらかな稜線に広がるお花畑とその奥には目指すピークがあるのですが全く展望が無い。寒さに耐えながら、広がりのある稜線を進みピークに立つ。展望は無いものの達成感は「半端ない!」。強風でも寒くても展望が無くても登山は裏切らないものです。

間断なく下山を開始する。金山番所跡前の右岸でルートを外し10分程度、登山口500m手前の高巻きでルートが崩落して山道を迂回して10分のルート逸脱し時間をロスしやっと登山口に帰還する。全員無事の帰還にホッとする。

チョット熱めの鉱物が溶け込んだ知内温泉に身を投げ出しながら、変化に富み・長く・険しい大千軒に体力の限界を感じた。

<トラックログ>
a0248508_08401932.jpg

<奥二股登山口を出発>
a0248508_17273132.jpg

a0248508_17275395.jpg
<険しい高巻きが始まる>
a0248508_17280908.jpg

a0248508_17283116.jpg

a0248508_17285729.jpg

a0248508_17291734.jpg

a0248508_17361113.jpg

a0248508_17352745.jpg
<狭戸ポイント>
a0248508_17363016.jpg
<金山番所跡>松前藩による隠れキリシタン殉教の地
a0248508_17365371.jpg

a0248508_17374574.jpg

a0248508_17381077.jpg

a0248508_17384046.jpg

a0248508_17390718.jpg
<ブナの木>

a0248508_17393415.jpg

a0248508_17403921.jpg

a0248508_17405362.jpg

a0248508_17400554.jpg

a0248508_17412794.jpg

a0248508_17414433.jpg

a0248508_17420328.jpg
<エゾカンゾウ、フウロソウ>
a0248508_17422780.jpg
<ガスと強風の千軒平稜線に建つシンボルクロス>ガスの向こうに目指す大千軒岳がある

a0248508_17424840.jpg

<大千軒岳>頂上の写真無し


<ブナの森>
a0248508_17440143.jpg
<帰路の高巻き>登山口まであと少し
a0248508_17443368.jpg

a0248508_17445396.jpg

a0248508_17450811.jpg
<登山翌日ペンション鶴の前浜の景色>
a0248508_17453614.jpg
<海の向こうは青森>青森は島のように見える
a0248508_17455677.jpg


by gwxwy002 | 2018-06-26 17:31 | 登山

アウトドア中心に趣味にまつわる出来事を!


by gwxwy002